-
spacer
  • YONDEMILL
  • お知らせ
  • 書籍のご購入・お問い合わせ
  • 早稲田大学出版部について
spacer
写真:現代国家論
spacer

現代国家論

片岡 寛光 著

四六判 296ページ

本体 3,000円+税(2016年5月7日発売)

ISBN:978-4-657-16010-2

amazon.co.jp

作品概要

グローバル化が進む今日、国家の役割とは何なのか。グローバリズムとナショナリズムは果たして相容れないものなのか。行政学および公共経営の権威である筆者が、政治学・歴史学・社会学にわたる幅広い知識と教養で、国民国家の過去・現在・未来を論じる。

著者プロフィール(編者、訳者等含む)

早稲田大学名誉教授、中国国家行政学院名誉教授。
政治学博士(早稲田大学)。
早稲田大学政治経済学部長、同大学院政治学研究科委員長、同公共経営研究科委員長、同現代政治経済研究所所長、日本行政学会理事長、日本オンブズマン学会理事長、国際行政学会理事、日本学術会議会員、人事院参与などを歴任。
著 書:『行政国家』(早稲田大学出版部、1976 年)ほか多数。

目次など

巻頭の辞

序 説 国民国家の過去・現在・未来――ナショナリズムとグローバリズム
第一章 国民国家としての近代国家――自律的にして平和的な存在形式
第二章 近代国家システムとグローバル・ガバナンス――政治と経済は収斂するか
第三章 近代国家システムと秩序の復元力――覇権国家の一国単独主義と例外主義
第四章 体制価値の功罪――法源と伝達のメカニズム
第五章 ナショナリズム再考――国民と国家を結ぶ絆
第六章 日本のナショナリズムと国民性――継続性と未来に向けての創造
総合文献目録

spacer