-
spacer
  • YONDEMILL
  • お知らせ
  • 書籍のご購入・お問い合わせ
  • 早稲田大学出版部について
spacer
写真:兵式体操成立史の研究
spacer

兵式体操成立史の研究

奥野 武志 著

A5判 366ページ

本体 7,900円+税(2013年5月31日刊行)

ISBN:978-4-657-13702-9

TSUTAYA
amazon.co.jp
ブックサービス
e-hon
Honya Club
紀伊國屋書店
MARUZEN & JUNKUDO
セブンネット
楽天ブックス

作品概要

軍隊における軍人の身体的訓練に起源をもつ学校教練が,軍人養成を目的としない普通教育機関にどのような理念と期待の下に導入されたのか,また「軍国主義」との関係でどのような歴史的意味を持つのかを論究する。

目次など

序章 兵式体操成立史研究の意義
 一 本研究の課題と分析の枠組み
 二 先行研究の検討
 三 構成と概要
第1章 学校教練の構想期
 第1節 欧米における兵制と学校教育のモデル  
 第2節 構想期の学校教練論               
第2章 マサチューセッツ農科大学と札幌農学校における軍事教育
 第1節 アメリカ南北戦争と土地付与大学
 第2節 マサチューセッツ農科大学と軍事教育    
 第3節 札幌農学校と軍事教育
第3章 元老院における学校教練をめぐる議論
 第1節 元老院における審議と学校教練  
 第2節 1879年の徴兵令改正と「兵隊教練」論議
 第3節 1880年の教育令改正と「武技」論議
 第4節 1883年の徴兵令改正と学校教練の要求
第4章 歩兵操練の諸学校への導入
 第1節 1883年徴兵令改正前の歩兵操練
 第2節 東京師範学校と歩兵操練
 第3節 1883年の徴兵令改正後の歩兵操練
第5章 森有礼と兵式体操
 第1節 森有礼の兵式体操論
 第2節 兵式体操の展開
 第3節 兵式体操のその後
終章 総括と課題 
 一 本研究の総括
 二 今後の課題 
「兵式体操成立史」関係年表(1872-1889)
参照史料・文献一覧
あとがき
索引
英文要旨

spacer