-
spacer
  • YONDEMILL
  • お知らせ
  • 書籍のご購入・お問い合わせ
  • 早稲田大学出版部について
spacer

ホーム > 新刊案内, 早稲田大学学術叢書, 自然科学 > アクティブ・ライフスタイルの構築

写真:アクティブ・ライフスタイルの構築
spacer

アクティブ・ライフスタイルの構築
身体活動・運動の行動変容研究

竹中 晃二 著

A5判 328ページ

本体価格7,600円+税(2015年3月10日発売)

ISBN:978-4-657-15701-0

TSUTAYA
amazon.co.jp
ブックサービス
e-hon
Honya Club
紀伊國屋書店
MARUZEN & JUNKUDO
セブンネット
楽天ブックス

作品概要

人々に身体活動・運動を開始させ、継続させ、逆戻りを予防させるための手段を、心理学、行動科学、社会科学、マーケティングなど幅広い観点から探り、提案する。

目次など

序章 身体活動・運動に関わる課題――行動変容
 第1節 本書のねらいと特徴
 第2節 本書におけるターゲット行動――身体活動・運動
 第3節 身体活動・運動行動に関わる背景
 第4節 身体活動ガイドライン
 第5節 本書の構成および概要

第Ⅰ部 介入アプローチおよび行動変容理論・モデル

第1章 身体活動・運動の介入アプローチ
 第1節 広報アプローチ
 第2節 行動・社会的アプローチ
 第3節 環境・政策アプローチ
第2章 行動変容理論・モデルおよび技法の概要
 第1節 ヘルス・コミュニケーション
 第2節 行動変容介入研究で用いられている理論・モデルおよび技法

第Ⅱ部 アドヒアランス強化に関わる基礎

第3章 身体活動・運動行動における採択受容性強化
 第1節 イメージ強化およびスモールチェンジ・アプローチに関わる従来の研究
 第2節 身体活動・運動に関わるイメージ――連想グループ分析を用いた調査研究
 第3節 スモールチェンジ活動――中高年を対象にした内容調査
 第4節 スモールチェンジ活動――対象者の属性に応じた街頭面接調査
第4章 身体活動・運動行動における継続阻害要因への対処
 第1節 バリア要因,逆戻り予防に関する従来の研究
 第2節 一時的運動停止に導かれるハイリスク状況とその対処
 第3節 一時的運動停止に導かれるハイリスク状況とその具体的対処――心理的負担感および具体的対処方略

第Ⅲ部 開始・継続・逆戻り予防を意図した介入研究

第5章 広報アプローチによる行動変容介入――階段利用促進プロンプト
 第1節 階段利用促進PODP介入に関わる従来の研究
 第2節 階段利用促進PODP介入――地域における介入研究
 第3節 階段利用促進PODP介入――職域における介入研究
第6章 募集に関わる多要素介入
 第1節 募集に際して行われている従来の研究
 第2節 募集に関わる多要素介入――地域通信ウォーキングプログラムの募集方略研究
 第3節 募集に関わる多要素介入――職域ヘルスプロモーション・プログラムにおける募集方略研究
第7章 通信媒体を用いた介入プログラム
 第1節 通信媒体を用いたターゲット・テイラー化介入
 第2節 地域通信ウォーキング・プログラム
 第3節 高齢者における身体活動量増強を目的とした冊子プログラム
 第4節 職域におけるセグメント化プログラム
 第5節 インターネット行動変容プログラム

終章 総合論議
 第1節 本書の整理
 第2節 本書をもとにした今後の課題

 あとがき
 参考文献
 索  引
 英文要旨

spacer