-
spacer
  • YONDEMILL
  • お知らせ
  • 書籍のご購入・お問い合わせ
  • 早稲田大学出版部について
spacer

ホーム > 新刊案内, 早稲田大学学術叢書, 歴史・哲学 > 初期メソポタミア史の研究

写真:初期メソポタミア史の研究
spacer

初期メソポタミア史の研究

前田 徹 著

A5判 392ページ

本体 5,000円+税(2017年5月25日発売予定)

ISBN:978-4-657-17701-8

amazon.co.jp

作品概要

人類最古の文明が成立した地域の一つ、メソポタミア。ティグリス・ユーフラテス両川下流域に成立した都市国家が統一国家に展開する過程と、シュメール・アッカド人から野蛮とみなされたエラム、マルトゥなど周辺民族の国家・権力の形成を考える。

著者プロフィール(編者、訳者等含む)

1947年生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士課程東洋史学専攻中退。現在、早稲田大学文学学術院教授。
著書:
『都市国家の誕生』(世界史リブレット1)山川出版社 1996年
『岩波講座世界史2 オリエント世界』分担執筆 岩波書店 1998年
『歴史学の現在:古代オリエント』分担執筆 山川出版社 2000年
『西アジア史Ⅰ アラブ』(新版 世界各国史8)分担執筆 山川出版社 2002年
『文字の考古学Ⅰ』(世界の考古学21)分担執筆 同成社 2003年
『メソポタミアの王・神・世界観―シュメール人の王権観』山川出版社 2003年

目次など

 はじめに

第Ⅰ部 中心地域――領邦都市国家と統一王権
 第1章 都市国家の成立
  1 都市革命
  2 ウルク型都市国家
  3 都市国家の展開
 第2章 領邦都市国家
  1 領邦都市国家の成立
  2 領邦都市国家間の争い
 第3章 領域国家期
  1 エンシャクシュアンナと領邦都市国家
  2 ルガルザゲシと領邦都市国家
  3 全土の王と領邦都市国家
 第4章 統一国家形成期の領邦都市国家
  1 四方世界の王ナラムシン
  2 アッカド王朝滅亡後の都市国家分立
  3 ウル第三王朝初代ウルナンム
 第5章 統一国家確立期・ウル第三王朝
  1 シュルギとウル第三王朝の支配体制
  2 ウルの王の権威と大権
  3 ウルの王と領邦都市国家
  4 ウル第三王朝の滅亡

第Ⅱ部 周辺地域――周辺異民族:エラム、マルトゥ、グティ
 第6章 エラム
  1 はじめに
  2 初期王朝時代
  3 アッカド王朝時代
  4 プズルインシュシナクによるエラム統一
  5 ウル第三王朝時代
  6 シマシュキ朝の成立
  7 まとめにかえて
 第7章 マルトゥ
  1 はじめに
  2 ウル第三王朝時代
  3 イシン・ラルサ王朝時代前期
  4 前19世紀後半の変化
  5 ハンムラビ時代
  6 まとめにかえて
 第8章 グティ
  1 はじめに
  2 同時代史料に見るグティ
  3 「グティの時代」
  4 グティとウル滅亡哀歌
  5 蛮族侵入史観
  6 まとめにかえて

 略号
 参照文献
 表・図一覧
 あとがき
 索引
 英文要旨

spacer