-
spacer
  • YONDEMILL
  • お知らせ
  • 書籍のご購入・お問い合わせ
  • 早稲田大学出版部について
spacer

ホーム > 新刊案内, 早稲田大学エウプラクシス叢書, 社会・教育 > クリティカル・シンキング教育

写真:クリティカル・シンキング教育
spacer

クリティカル・シンキング教育
探究型の思考力と態度を育む

酒井 雅子 著

A5判 326ページ

本体 4,000円+税(2017年2月1日発売)

ISBN:978-4-657-16802-3

TSUTAYA
amazon.co.jp
ブックサービス
e-hon
Honya Club
紀伊國屋書店
MARUZEN & JUNKUDO
セブンネット
楽天ブックス

作品概要

自分の頭で広く深く考え、批判的・客観的に判断して行動する人材を育てる教育、クリティカル・シンキング教育。提唱者であるリチャード・ポールおよびマシュー・リップマンの理論を解明しつつ、同教育の実践的方法を提示する。

推薦のことば
「グローバル化、IT(インフォメーション・テクノロジー)化等、社会の変化が著しい。思考力の養成は時代を超えた不易な課題でもあるが、このような多元論理の時代にあって、クリティカル・シンキング教育を新たに開拓していくことは喫緊の課題である。本書はこの課題に、理論的及び実践的に応える大著である。リチャード・ポール及びマシュー・リップマンの理論を解明しながら、クリティカル・シンキングの実践的方法も提示している。」日本国語教育学会理事長、筑波大学名誉教授・桑原隆氏
「本書は、広い知見に基づく学術書である。また、価値の多様化、高度情報化の現代を生きる若者を育てる提言書でもある。自分の頭で、広く深く考え、しかも批判的・客観的に判断して行動できる人材を育てるには、子供の頃から哲学的な教育を行ない、多面的な見方ができるようにするのが必要である。まわりの意見に同調し流されがちな日本人に、この極めて重要な提言である力作の一読を、ぜひお勧めしたい。」東京学芸大学名誉教授・井上尚美氏

著者プロフィール(編者、訳者等含む)

福島県生まれ。東北大学教育学部教育心理学科卒業。早稲田大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。博士(教育学)。公立中学校教員を経て、現在、東京成徳大学特任教授、早稲田大学非常勤講師。専門は、クリティカル・シンキング教育、国語教育(単元学習)。

目次など

まえがき

序章 研究の目的と方法
 第1節 研究の目的と方法
 第2節 研究の背景
 第3節 日本の先行研究による研究の明確化
 第4節 研究の構成

第1章 ポールのクリティカル・シンキングによる多元論理の探究理論   
 第1節 多元論理の探究の特徴
 第2節 多元論理の探究における「開かれた心」の意味
 第3節 多元論理の統合としてのクリティカル・シンキング教育の目標点

第2章 ポールのクリティカル・シンキングを導入した教科教育        
 第1節 多元論理の探究教育における導入アプローチの理由
 第2節 教科教育に導入されるクリティカル・シンキング方略の体系
 第3節 導入アプローチによる教科教育の展開

第3章 ポールのランゲージ・アーツ教育の体系
 第1節 ポールのランゲージ・アーツ教育観
 第2節 ランゲージ・アーツにおけるクリティカル・シンキング教育
 第3節 ランゲージ・アーツにおける領域別探究学習

第4章 ポールの文学学習からみた探究の内容知
 第1節 文学学習にみる探究概念の類型
 第2節 探究概念の分析と考察
 第3節 総括――発達の系統性と、育成すべき社会的人間の資質

第5章 ポールの文学学習からみた探究の方法知
 第1節 文学のクリティカルな読みの類型
 第2節 一判断の合理性を評価する探究 
 第3節 多様な価値判断を評価・統合する探究
 第4節 起源に遡って信念を再構築する探究
 第5節 対比によって知を創る探究
 第6節 作品の「空所」から自主的思考を誘発する探究
 第7節 多元論理の哲学的探究としての文学学習

第6章 ポールの教科教育を支える思考・哲学教育――リップマンの「子供のための哲学」の探究力
 第1節 思考教育・哲学教育としての「子供のための哲学」の特色
 第2節 中核プログラム「推論のための推論」にみる探究力
 第3節 メタ探究力育成の指導法
 第4節 探究教育における「子供のための哲学」教育の位置

第7章 探究教育における「哲学的」討論の方法論 
 第1節 「哲学的」討論の比較
 第2節 「哲学的」討論の教育的機能
 第3節 「哲学的」討論からみた探究教育の構造

終章 研究の成果と課題                     
 第1節 研究の成果
 第2節 研究の課題
 第3節 日本の教育からみた研究の成果と展望

あとがき
参照文献一覧
索引
英文要旨

spacer