-
spacer
  • YONDEMILL
  • お知らせ
  • 書籍のご購入・お問い合わせ
  • 早稲田大学出版部について
spacer
写真:植民地台湾の自治
spacer

植民地台湾の自治
自律的空間への意思

野口 真広 著

A5判 334ページ

本体 4,000円+税(2017年12月25日発売)

ISBN:978-4-657-17807-7

TSUTAYA
amazon.co.jp
e-hon
Honya Club
紀伊國屋書店
MARUZEN & JUNKUDO
セブンネット
楽天ブックス

作品概要

日本統治時代、立憲主義に基づき英米の植民政策を応用して台湾人による自律的な地方自治を目指した人々がいた。
早稲田大学で学んだ楊肇嘉を中心に、植民地時代の台湾人による自治運動がどのように形成されたのかに注目し、日本の植民地施策研究に新たな視点を与える。

著者プロフィール(編者、訳者等含む)

早稲田大学地域・地域間研究機構次席研究員。早稲田大学大学院社会科学研究科・博士(学術)。
【主な業績】
「石塚英蔵総督の台湾統治改革構想―台湾経験から見る郡警分離問題」(松田利彦・やまだあつし編『日本の朝鮮・台湾支配と植民地官僚』思文閣出版、2009年)
「臺灣總督府對雲林事件的因應與保甲制―日本領臺初期臺灣人之抵抗與協助」(薛化元編『近代化與殖民:日治臺灣社會史研究文集』台湾大学出版中心、台湾、2012年)
「一九一〇年代台湾社会支配像の再検討」(松田利彦・陳姃湲編『地域社会から見る帝国日本と植民地 朝鮮・台湾・満洲』思文閣出版、2013年)。

目次など

第一章 旧慣と植民地統治の統合
第二章 戦間期における植民政策の変容
第三章 統治者による漸進的改革とその限界
第四章 台湾人による植民地政策学の応用
第五章 幻の台湾自治

spacer