-
spacer
  • YONDEMILL
  • お知らせ
  • 書籍のご購入・お問い合わせ
  • 早稲田大学出版部について
spacer
写真:六朝江南道教の研究
spacer

六朝江南道教の研究
陸修静の霊宝経観と古霊宝経

林 佳恵 著

A5判 306ページ

本体 4,000円+税(2019年3月25日発売)

ISBN:978-4-657-19801-3

TSUTAYA
amazon.co.jp
e-hon
Honya Club
紀伊國屋書店
MARUZEN & JUNKUDO
セブンネット
楽天ブックス

作品概要

古霊宝経研究の新たな可能性を切り開く――。
道教の方向性を教義と儀礼の両面で決定づけた重要な道教経典、古霊宝経。「元始旧経と仙公新経という新旧二系統の霊宝経の存在」というのがこれまでの通説であるが、古霊宝経のテキストを読むかぎり、この考えには実体的根拠がなく、古霊宝経の分類整理を行った劉宋の道士、陸修静の霊宝経観に由来していた。
古霊宝経をありのまま読むと同時に陸修静の功績も振り返る、古霊宝経研究に一石を投じる意欲作。

著者プロフィール(編者、訳者等含む)

2013年3月、早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程(東洋哲学専攻)単位取得満期退学。
2016年5月、博士(文学)(早稲田大学)。博士論文「古霊宝経の研究―敦煌本「霊宝経目録」に於ける経典の分類をめぐって―」。

目次など

序 論
 第1節 序言(先行研究史)  
 第2節 問題の所在  
 第3節 研究の方法  

第1篇 敦煌本「霊宝経目録」における経典の分類
 第1章 陸修静による霊宝経典の分類
  第1節 序  言  
  第2節 敦煌本「霊宝経目録」の分類と「元始系」・「仙公系」の不一致   
  第3節 陸修静の考える「元始旧経」  
  第4節 「元始旧経」と紫微宮秘蔵の経の関係   
  第5節 紫微宮秘蔵の経の条件   
  第6節 『太上洞玄靈寶眞文要解上巻』の分類  
  第7節 小  結  
 第2章 陸修静の霊宝経観と『太上洞玄靈寶天文五符經序』の分類
  第1節 序  言  
  第2節 陸修静が示す霊宝経の二つの系統   
  第3節 「霊宝経目序」に見える陸修静の霊宝経観   
  第4節 『太上洞玄靈寶天文五符經序』の分類   
  第5節 陸修静の霊宝経分類における「太上」の位置付け  
  第6節 『太上太極太虚上眞人演太上靈寶威儀洞玄眞一自然經訣』の分類   
  第7節 小  結  
 第3章 陸修静の霊宝経観と「舊目」の解釈
  第1節 序  言  
  第2節 陸修静の霊宝経典の分類結果と「舊目」の解釈  
  第3節 「篇目」の「未出」経典と「未出」の意味   
  第4節 小  結  

第2篇 敦煌本「霊宝経目録」の分類カテゴリーの検証
 第4章 霊宝経における新旧の概念の形成
  第1節 序  言  
  第2節 霊宝経における陸修静の新旧の概念  
  第3節 敦煌本「霊宝経目録」著録経典中の「新経」の概念  
  第4節 敦煌本「霊宝経目録」著録経典中の「元始旧経」の概念  
  第5節 霊宝経典中の「舊」の語の意味  
  第6節 小  結  
 第5章 「十部妙經」と「元始旧経」
  第1節 序  言  
  第2節 「十部妙經」に言及する「元始旧経」中の経典   
  第3節 「十部妙經」の設定  
  第4節 「十部妙經」と「十方」の観念  
  第5節 「十部妙經三十六巻」の検証  
  第6節 小  結  
 第6章 分類の為のカテゴリーとしての「元始旧経」と「仙公新経」
  第1節 序  言  
  第2節 「元始旧経」の検証  
  第3節 「仙公新経」の検証   
  第4節 「仙公新経」と「元始旧経」で共通する戒   
  第5節 小  結  

第3篇 陸修静の霊宝経観
 第7章 霊宝経と天師道
  第1節 序  言  
  第2節 霊宝経中の『道德五千文』への言及  
  第3節 「靈寶齋」と「三天齋」  
  第4節 霊宝経典中の天師張道陵  
  第5節 霊宝経典中の天師道の神々  
  第6節 「元始旧経」に見える「發爐」  
  第7節 小  結  
 第8章 陸修静の霊宝経観の形成
  第1節 序  言  
  第2節 「靈寶經目序」中の霊宝経観の形成にかかわる霊宝経典  
  第3節 「靈寶經目序」に見える陸修静独自の霊宝経観  
  第4節 『太上洞玄靈寶授度儀』の「師告丹水文」中の霊宝経に関する言及の考察 
  第5節 陸修静の霊宝経観の継承 
  第6節 小  結 

結 論

あとがき
主な参考資料・文献
索  引
英文要旨

spacer