-
spacer
  • YONDEMILL
  • お知らせ
  • 書籍のご購入・お問い合わせ
  • 早稲田大学出版部について
spacer

ホーム > いま話題の本, 新刊案内, 社会・教育 > ロマンス言語学概論

写真:ロマンス言語学概論
spacer

ロマンス言語学概論

菅田 茂昭 著

A5判 256ページ

本体 3,500円+税(2019年7月5日発売)

ISBN:978-4-657-19011-6

TSUTAYA
amazon.co.jp
e-hon
Honya Club
紀伊國屋書店
MARUZEN & JUNKUDO
セブンネット
楽天ブックス

作品概要

ラテン語からロマンス語への歴史を学ぶために。
サルジニア語、カタルニア語など少数言語も網羅した、新しいロマンス言語学の入門書。

【訂正情報】本書につきましては誤記がございました。お詫びのうえ、下記の通り訂正させていただきます。
『ロマンス言語学概論』正誤表.pdf

著者プロフィール(編者、訳者等含む)

早稲田大学名誉教授。
イタリア共和国有功勲章カヴァリエーレを受勲(1991)、カリアリ市ロータリー・クラブ第18回ラ・マルモラ賞受賞(1999)、平成25年春 瑞宝中綬章を受勲(2013)。
専攻は言語学、ロマンス語学、イタリア語、サルジニア語。
主な著書:『現代イタリア語入門』(大学書林、1972)、G. C. レプスキー『構造主義の言語学』(翻訳、大修館、1975)、『サルジニア語基礎語彙集』(大学書林、1994)、『少数ロマンス語とロマンス言語学』(科研費基盤研究報告書 No.11695012、2004)、『超入門イタリア語――20課で学ぶイタリア語文法』(大学書林、2006)、ソシュール『一般言語学講義抄』[新対訳](大学書林、2013)、『コルシカ語基礎語彙集』(大学書林、2014)ほか。
主な論文:イタリア語およびロマンス語における《parola-chiave》型の合成名詞 [Bologna, 1986] (SLI 27, Roma, 1989)、現代イタリア語における《動詞+名詞》型の合成名詞 [Lugano, 1991] (SLI 33, Roma, 1992)、ソシュールと語形成 [Tokyo, 1992] (Roma, 1995)、ロマンス語に残る地中海的要素――語頭のC > Gなどをめぐって [Palermo, 1995] (Tübingen, 1998)、語彙化の論点 [Pavia, 1996] (SLI 34, Roma, 1998)、派生と合成の間――ロマンス語のなかの20世紀イタリア語 [Leuven, 1998] (Firenze, 2000)、ロマンス語のなかのサルジニ語 [Tokyo, 1997] (Roma, 2002)、イタリア諸方言のロマンス語的背景 [Firenze, 2000] (SLI 45, Roma, 2003)、『イタリア語と日本語の比較』(Vitervo, 2009)、ロマンス語におけるサルジニア語100の特質:試論 [Innsbruck, 2007] (Berlin, 2010) (以上原文はイタリア語、一部フランス語)ほか。

目次など

 まえがき

Ⅰ 序論
 1 ロマンス語とロマンス言語学
 2 ロマンス語の分布
 3 ラテン語の運命
 4 ロマンス語の成立

Ⅱ 共通の源としての俗ラテン語
 1 比較方法の適用
 2 俗ラテン語の資料
 3 俗ラテン語をめぐる課題
 4 ラテン語からロマンス語へ

Ⅲ ロマンス語の音声
 1 ラテン語の枠組み
 2 母音体系の変化
 3 子音体系の変化

Ⅳ ロマンス語の文法
 1 名詞と名詞句
 2 動詞
 3 不変化詞
 4 統辞論

Ⅴ ロマンス語の語彙
 1 ラテン語の伝統
 2 ロマンス語間の差異
 3 外来要素

Ⅵ ロマンス語の語形成
 1 その特徴
 2 派生
 3 合成
 4 その他
 5 意味変化

Ⅶ 個別ロマンス語の特質
 1 ポルトガル語
 2 ガリシア語
 3 スペイン語
 4 カタルニア語
 5 オック語
 6 フランス語
 7 フランコ・プロヴァンス語
 8 レト・ロマンス語
 9 イタリア語
 10 サルジニア語
 11 ルーマニア語
 12 ダルマチア語とコルシカ語
 
 参考文献

spacer