-
spacer
  • YONDEMILL
  • お知らせ
  • 書籍のご購入・お問い合わせ
  • 早稲田大学出版部について
spacer
写真:中華民国と文物
spacer

中華民国と文物
国家建設に果たした近代文物事業の役割

張 碧惠 著

A5判 330ページ

定価:4,000円+税(2019年10月30日発売予定)

ISBN:978-4-657-19803-7

amazon.co.jp

作品概要

歴史と伝統文化が凝縮した文化遺産である「文物」の破壊・海外流出を防ぐため、国家は何ができるのか―。辛亥革命から台湾へ退去する1949年までの間、中華民国各政府が進めた文物事業の「光と影」に本書は迫る。ナショナリズムと知識人の危機感が追い風となり、文物保護の目的には一貫した方向性があった。法制度も整った。中華民国の人々が「清王朝文物」の価値を発見したとき、強力な権限を持つ専門機関が無かったことから、内部抗争が生じ、保護を有効に進めることができなかった。内憂外患の文物事業に対する考察は、グローバル時代に高まるナショナリズムと文化財の評価・保護の関係から、略奪された文物の返還の在り方までを深く問いかける。

著者プロフィール(編者、訳者等含む)

早稲田大学アジア太平洋研究科・博士(学術)。立教大学観光学部兼任講師。
主な業績「中華民国における「故宮文物」の意味形成――北京政府期を中心に」『中国研究月報』(第63巻12号、2009年)、「南京国民政府期における文物保護政策――「北平文物」の南遷を中心に」『次世代アジア論集 』(No.8、2015年)、「「北京政変」前後における「清室宝物」をめぐる議論――『順天時報』の社論・論説分析を中心に」『アジア太平洋討究』(第30号、2018年) 。

目次など

序 章 本書の課題と視角
 第1節 問題の所在
 第2節 先行研究の検証
 第3節 本書の構成

第1章 近代文物事業の黎明──清末民初の文物保護事業
 第1節 清末の文物流出と文物保護
 第2節 北京政府期の文物保護
 第3節 北京政府期の文物流出の阻止と近代考古学の発展
 小 結

第2章 中央集権的近代文物事業の成立
    ──南京国民政府期の文物保護事業
 第1節 近代文物事業に関する法令と組織
 第2節 南京国民政府期の考古事業と国際関係
 小 結

第3章 民国政治空間のなかの「清王朝文物」
    ――「清王朝文物」・故宮博物院をめぐる諸問題
 第1節 中国における近代博物館の受容
 第2節 「清室優待条件」と古物陳列所
 第3節 「内廷文物」に対する政治的意味の付与と故宮博物院の設立
 第4節 故宮博物院設立から南京国民政府による接収まで
 第5節 南京国民政府による故宮博物院の接収
 小 結

第4章 文物南遷──対日抗戦期の文物保護事業
 第1節 古物陳列所文物の南京移転問題
 第2節 文物南遷をめぐる様々な動き
 第3節 西南内陸への疎開およびその後の文物事業
 小 結

第5章 可視化された文物──展覧会と近代文物事業
 第1節 国内における展覧会の開催とその狙い
 第2節 海外での中国芸術展覧会への出展
 第3節 戦後の展覧会
 小 結

第6章 文物の「戦後処理」──戦後の文物返還・帰還をめぐる近代文物事業
 第1節 戦後の文物返還要求について
 第2節 日本に対する返還要請について
 第3節 国内における文物の回収
 小 結

補 論 辛亥革命から北京政変前後における「清室宝物」をめぐる議論
    ──『順天時報』の社論・論説分析を中心に
 第1節 『順天時報』とその沿革
 第2節 「清室宝物」に関する社論・論説の分析
 第3節 外務省記録関係文書の検証
 小 結

終 章 未完のプロジェクトとしての近代文物事業
 第1節 近代文物事業とは何だったのか
     ──序章における五つの問題提起への回答
 第2節 文物のもつ移動可能性という特性
     ──「コレクション」を補助線として
 第3節 見果てぬ文物回収への希求

 あとがき
 英文要旨

spacer