-
spacer
  • YONDEMILL
  • お知らせ
  • 書籍のご購入・お問い合わせ
  • 早稲田大学出版部について
spacer

ホーム > 社会・教育 > <いのち>と家族

写真:<いのち>と家族
spacer

<いのち>と家族

比較家族史学会監修/太田素子・森謙二編

A5判 280ページ

本体 3,800円+税

ISBN:978-4-657-06821-7

作品概要

「いのち」は歴史のなかで、どのように継承されてきたのか。中絶・間引き・優生思想を初め生殖技術の展開と家族との関係について考える。

目次など

はじめに ……森 謙二

序章―本書における論点の整理―……森 謙二

第1部 「いのち」の継承と家族

 生命の維持と継承における家族の役割……塚本 学
 近世から近代への転換期における女性の身体観/生命観……沢山美果子
  ―在村女医の診察記録からみた―
 民俗学からみた新生殖技術とオヤコ……岩本通弥
  ―「家」族と血縁重視という言説をめぐって―

第2部 「いのち」への介入

 「子返し」をめぐる言説―葛藤する主体の誕生―……太田素子
 堕胎・間引きと子どもの命……鈴木由利子
 いのちの管理と医療化における公と私……新村 拓
 「生殖管理国家」ナチスと優生学……三成美保
 いのちの尊厳と家族―家族構造の変質の背景―……藤井正雄

おわりに ……太田素子

spacer