-
spacer
  • YONDEMILL
  • お知らせ
  • 書籍のご購入・お問い合わせ
  • 早稲田大学出版部について
spacer
写真:風化と闘う記者たち
spacer

風化と闘う記者たち
忘れない 平成三陸大津波

岩手日報社編集局 著

A5判 142ページ

本体 940円+税(2012年11月15日発売)【電子版あり】

ISBN:978-4-657-12319-0

電子版の立ち読み
TSUTAYA
amazon.co.jp
ブックサービス
e-hon
Honya Club
紀伊國屋書店
MARUZEN & JUNKUDO
セブンネット
楽天ブックス

作品概要

マニュアルはない。

大津波に消えたふるさとの街に立って,岩手の記者たちは何を見たか,伝えようとしたか。
記憶を未来へつなぐ,ジャーナリストたちの終わりなき闘い。

全国学校図書館協議会選定図書

※電子版のご購入にあたっては,各電子書店サイトで詳細をご確認ください:
iBook Store*/アマゾンKindleストアebookjapanGALAPAGOS STORE紀伊國屋書店コープデリeフレンズ電子書店セブンネット東芝ブックプレイスVarsityWave eBooksひかりTVブックBooksVBooklivehonto本よみうり堂デジタル楽天KoboReader StoreYONDEMILL
*iPhone/iPadなどのiBooksアプリ、またはiTunes Storeで「早稲田大学出版部」を検索してください。

著者プロフィール(編者、訳者等含む)

「昨秋、彼らが編んだ「風化と闘う記者たち」にある。震災1年で始めた連載は題して「忘れない」。県内の遺族を訪ねて故人の人となりを聞き、顔写真を借りて紙碑にのこす。犠牲者・不明者6千人。気の遠くなる営みである。」
2013年3月11日中國新聞「天風録」[外部リンク]

「この中には地元紙の記者でなければ書けないような,郷土への熱い思いが詰まっている。」
2013年1月4日新聞展望

「津波報道のブックレット。岩手日報、被害の風化防ぐ。」
2012年11月28日共同通信 [外部リンク]

目次など

はじめに 記憶の風化と闘う――地元新聞社は被災地と運命共同体(東根千万億)
Part 1 津波常襲地の記者たち
 1 その時,記者はどう動いたか――ドキュメント3・11(川村公司)
 2 街が消えた――陸前高田市を襲った津波の猛威(鈴木多聞)
Part 2 伝える役目
 3 反響呼んだ避難者名簿――避難所ごとに五万人分(松尾尚人)
 4 追悼企画 「忘れない」――取材の現場から(下屋敷智秀)
 5 世界に広がる支援の輪――国・人種・宗教を超えて(熊谷真也)
Part 3 復興の鎚音
 6 連載 「浜よ 再び」――水産三陸の再興に挑む(向川原成美)
 7 被災地コミュニティーの現在――なりわいの復興(畠山秀樹)
 8 遠野モデル――――官民一体の後方支援とその意義(刈谷洋文)
Part 4 支援、交流、そして自立へ
 9 遺児を支える社会の手――未来への希望を紡ぎだす(菅原智広)
 10 感謝の気持ちを全国に伝える――特別号外=岩手応援「ありがとう」(川井博之)
 11 痛恨の津波予測――教訓を未来に(太田代剛)

spacer