-
spacer
  • YONDEMILL
  • お知らせ
  • 書籍のご購入・お問い合わせ
  • 早稲田大学出版部について
spacer
写真:東京湾岸の地震防災対策
spacer

東京湾岸の地震防災対策
臨海コンビナートは大丈夫か

濱田 政則・樋口 俊一・中村 孝明・佐藤 孝治・飯塚 信夫 著

A5判 150ページ

本体 1,200円+税(2014年9月1日発売)

ISBN:978-4-657-14302-0

電子版の立ち読み
TSUTAYA
amazon.co.jp
ブックサービス
e-hon
Honya Club
紀伊國屋書店
MARUZEN & JUNKUDO
セブンネット
楽天ブックス

作品概要

そのとき東京と日本に何が起きるか。地震による地盤の液状化・側方流動、長周期振動、津波による油流出・海上火災。それらは、東京湾上に、臨海部に、そして周辺に巨大な被害をもたらす。備えは大丈夫か。社会と経済を守るためにどう備えればよいのか。《全国学校図書館協議会選定図書》

※電子版のご購入にあたっては,各電子書店サイトで詳細をご確認ください:
iBook Store*/アマゾンKindleストアebookjapanGALAPAGOS STORE紀伊國屋書店コープデリeフレンズ電子書店セブンネット東芝ブックプレイスVarsityWave eBooksひかりTVブックBooksVBooklivehonto本よみうり堂デジタル楽天KoboReader StoreYONDEMILL
*iPhone/iPadなどのiBooksアプリ、またはiTunes Storeで「早稲田大学出版部」を検索してください。

目次など

Part 1 東京湾臨海コンビナートの危険性
第1章 コンビナートの地震・津波リスク (濱田 政則)
1.コンビナート施設の被害  
2.液状化と側方流動による被害  
3.長周期地震動による被害  
4.津波による被害と対策  
 付表 国内外の地震によるコンビナートの被害  
第2章 東京湾の現状 (濱田 政則)
1.東京湾の埋立地  
2.東京湾の産業と文化  
3.東京湾を襲う地震  
第3章 東京湾臨海コンビナートの危険性 (濱田 政則)
1.東京湾の地盤・護岸・タンクの調査  
2.液状化と側方流動の予測  
3.長周期地震動による被害  
4.原油の海上流出と火災  
5.臨海部産業施設の減災計画と実践  

Part 2 コンビナートの強靱化対策
第4章 コンビナートの強靱化と耐震補強 (樋口 俊一)
1.耐震補強と減災  
2.耐震診断の方法  
3.耐震補強の適用と制約  
4.コンビナート強靱化の目標性能  
第5章 土木構造物の耐震補強 (樋口 俊一)
1.土木構造物の液状化対策  
2.地盤の液状化対策工法  
3.護岸の補強対策  
 今後の課題  
第6章 プラント設備の耐震補強 (樋口 俊一)
1.プラント設備の耐震性評価  
2.プラント設備の耐震補強対策  
3.プラント基礎の耐震補強対策  
 今後の課題  
第7章 津 波 対 策 (樋口 俊一)
1.津波防災の考え方  
2.津波によるコンビナート設備の被災形態  
3.津波の浸水評価方法  
4.設備・施設対策の概要  

Part 3 災害が社会・経済に与える影響
第8章 コンビナート施設の地震リスク診断と最適投資(中村 孝明)
1.施設総体の安全性を評価できない理由  
2.グレー・ゾーンから見たリスクの意義  
3.地震リスク診断からリスク・マネジメントへ  
4.事業継続計画(BCP)と地震リスク診断の役割  
5.地震対策の類型とハード対策の重要性  
6.臨海部コンビナート事業者間での情報共有  
7.技術者に必要な意識改革  
第9章 コンビナート災害が社会・経済活動に及ぼす影響(佐藤 孝治)
1.首都直下地震の被害想定と社会・経済への影響  
2.コンビナート災害の社会・経済活動への影響  
3.臨海部コンビナートの公共的性格と事前防災  
 今後の課題 
第10章 大規模災害の経済的被害の推計その難しさ(飯塚 信夫)
1.直接被害と間接被害の違い  
2.生産減少の要因・範囲をどこまで考慮するか  
3.個別被害の積み上げではなく,供給力の変化に着目  
4.全要素生産性を何で説明するかでも被害額の想定に差  
5.被災地域外への波及経路をどう考えるか  
6.防災・減災対策の効果に注目を  

spacer