-
spacer
  • YONDEMILL
  • お知らせ
  • 書籍のご購入・お問い合わせ
  • 早稲田大学出版部について
spacer
写真:首都直下地震
spacer

首都直下地震
被害・損失とリスクマネジメント

福島 淑彦 著

A5判 128ページ

本体 1,500円+税(2019年6月15日発売予定)

ISBN:978-4-657-19009-3

amazon.co.jp

作品概要

20××年、東京湾北部を震源とする巨大地震発生――。
その時、想定される事態をシミュレーションするとともに、私たちの被害と損失を最小化するための方策を提示する。

著者プロフィール(編者、訳者等含む)

早稲田大学政治経済学術院教授
スウェ-デン王立ストックホルム大学 Ph.D. in Economics(経済学博士)
専門分野:労働経済学、公共経済学、経済政策
主な論文:「スウェーデンにおける再雇用支援」 『日本労働研究雑誌』 第61巻第5号、2019; ‘Employment of Persons with Disabilities in Sweden,’ Global Business & Economics Anthology, Volume I, March 2019; ‘Public Sector Size and Corruption,’ Japanese Journal of European Studies, Vol. 4, 2016等多数。

目次など

はじめに

1章 日本と自然災害
 1-1 世界の自然災害
 1-2 日本は地震多発国
 1-3 大都市の自然災害リスク
 1-4 日本の地震

2章 自然災害発生による被害と損失 
 2-1 地震の規模と建造物への影響
 2-2 自然災害による様々な被害と損失

3章 首都直下地震の直接被害
 3-1 人への被害
 3-2 建物への被害
 3-3 ライフラインへの被害
 3-4 ライフラインの復旧

4章 首都直下地震による経済損失の推計
 4-1 経済損失の推計方法
 4-2 首都直下地震の直接被害の推計
 4-3 首都直下地震の間接被害の推計

5章 首都直下地震の労働者及び生活者への影響 
 5-1 首都直下地震の労働者の生活に与える影響
 5-2 首都直下地震の高齢者の生活に与える影響
 5-3 建物喪失に伴う人的被害の推計

6章 リスクと防災
 6-1 「リスク(Risk)」「不確実性(Uncertainty)」「ハザード(Hazard)」
 6-2 自然災害の被害
 6-3 社会経済システムの脆弱性の克服と強靭化
 6-4 想定外の自然災害
 6-5 日本人の危機意識

おわりに

spacer