-
spacer
  • YONDEMILL
  • お知らせ
  • 書籍のご購入・お問い合わせ
  • 早稲田大学出版部について
spacer
写真:21世紀に儒教を問う
spacer

21世紀に儒教を問う

土田健次郎編

A5判 214ページ

本体 2,800円+税

ISBN:978-4-657-10222-5

amazon.co.jp

作品概要

著しい経済発展を続ける中国において、社会秩序、政治倫理、個人修養などに資するとして、いま儒教が見直されている。韓国では一貫した生命力を維持し、日本でも依然として論語が親しまれるなど、東アジアの社会や文化を考えるうえで儒教は避けては通れない関門である。2500年の歴史を越えて、再び脚光を浴びる儒教を、第一線の研究者が早稲田・ハーバード・北京・清華各大学での成果をもとに問う。

【『中外日報』第27528号(2011年1月25日)の第6面(読書面「中外図書室」)に書評掲載】

目次など

まえがき ………土田健次郎

第1章 儒教を問う ―――土田健次郎
  1.儒教を特色づけるものは何か
  2.儒教は宗教か
  3.日本儒教は儒教か
  4.儒教はどのような幅を持つか
  5.現代に儒教は意味を持つか

第2章 21世紀の儒学 ―――杜維明(宮下和大訳)
  1.儒学をどう捉えるか
  2.儒学の現代的苦境と自己変革
  3.儒学の第三期と21世紀の儒学
  4.21世紀儒学の五つの問題
  付録1.対話の問題
  付録2.儒家の宗教性の問題

第3章 儒教は中国でいかなる作用を発揮したか―――楊立華(中嶋諒訳)
  1.中国における儒教固有の価値の形成
  2.士大夫の精神世界の陶冶
  3.中国の政治理念に対する影響
  4.社会風俗に対する役割

第4章 儒教研究の方法 ―――陳 来(松野敏之訳)
  1.儒家・儒学・儒教
  2.儒学研究の内容分類
  3.儒学研究の典籍資料
  4.伝統儒学の研究方法
  5.現代儒学の研究方法における多元性
  6.中国における儒学研究

第5章 再び儒教を問う ―――土田健次郎
  1.改めて儒教は宗教か
  2.日本に現代新儒家は存在したか
  3.経書なき現代に儒教は存続しうるか
  4.儒教における儀礼の意味
  5.三綱五常を儒教の本質と言えるか
  6.現代において儒教に何を期待できるのか

spacer