-
spacer
  • YONDEMILL
  • 書籍のご購入・お問い合わせ
  • 早稲田大学出版部について
spacer
写真:国境を越える人びと
spacer

国境を越える人びと
(平和研究第53号)

日本平和学会 編

A5判 160ページ

定価:2,200円+税(2020年1月9日発売)

ISBN:978-4-657-19024-6

TSUTAYA
amazon.co.jp
e-hon
Honya Club
紀伊國屋書店
MARUZEN & JUNKUDO
セブンネット
楽天ブックス

作品概要


歴史における「自由の移動」が、「国境を越える」という「不自由な移動」に変わりつつある。冷戦崩壊30年が経った今、「自国第一」が強調されるようになってきている。そのようななか、移民や外国人労働者がどのような状況に置かれ、いかなる改善が必要なのか。また、先住民族の権利はどのように守られるべきか。国境を越える最近の動きや権利保障の議論を取り上げる。

目次など

巻頭言 国境を越える人びと(孫占坤)

● 依頼論文
1 インド・アッサム州における人の移動と人権保障
 ―全国市民登録簿(NRC)更新問題を中心に(木村真希子)
2 先住民族の国境を越えた連帯
 ―2005年北欧サーミ条約案の意義と直面する困難性(小坂田裕子)
3 カナダ・トロント市の聖域政策(藤本晃嗣)

● 投稿論文
4 対人地雷・クラスター爆弾禁止条約の非原加盟国に対する影響の考察
 ―人道規範は軍事安全保障の論理を越えたのか
(瀬戸達也・藤田泰昌)
5 民主化支援の今日的課題
 ー市民社会スペースの制約の問題を中心に(杉浦功一)
6 セミパラチンスク地区に居住する子どもとその保護者の
 核実験に対する認識について(平林今日子)

● 書評
 法と力の二律背反を超えて福島涼史
  西平等著『法と力──戦間期国際秩序思想の系譜』名古屋大学出版会,2018年

日本平和学会の研究会活動  日本平和学会事務局
SUMMARY
編集後記
日本平和学会設立趣意書
日本平和学会第23期役員
日本平和学会会則

spacer