-
spacer
  • YONDEMILL
  • お知らせ
  • 書籍のご購入・お問い合わせ
  • 早稲田大学出版部について
spacer

ホーム > 平和研究, 新刊案内 > 平和を再定義する

写真:平和を再定義する
spacer

平和を再定義する
(平和研究第39号)

日本平和学会編

A5判 200ページ

本体 2,200円+税(2012年10月10日発売)

ISBN:978-4-657-12015-1

amazon.co.jp

作品概要

主体的な平和の実現へ。

「平和」とは,誰の,どのような状態を意味してきたのか。 多義性に富む「平和」を,学問分野を越え,異なる視点で考え,日本と現代世界を問い直す。

目次など

巻頭言 平和を再定義する・・・大津留(北川)智恵子/小林誠

●依頼論文
1.平和憲法の再定義
    予備的考察・・・君島東彦
2.放射線被曝と平和・・・沢田昭二
3.平時の平和を再定義する
    人道支援と「人間の安全保障」の視点から・・・長有紀枝
4.紛争転換と芸術
    動態的平和を模索して・・・奥本京子

●投稿論文
5.「視えない」核被害に迫る
    グローバルヒバクシャの視野から・・・竹峰誠一郎
6.平和構築と「実体のない平和」
    警察改革(支援)からみる平和構築研究の批判的転回・・・古澤嘉朗
7.紛争後シエラレオネにおける法の支配の(再)確立と紛争被害者の損害回復・・・小阪真也

●書評
平和構築論再訪・・・玉井雅隆
    (藤原帰一・大芝亮・山田哲也編『平和構築・入門』有斐閣 2011年)
平和を再定義してきたアクターとしてのNGO ・・・市川ひろみ
    (毛利聡子『NGO から見る国際関係――グローバル市民社会への視座』法律文化社 2011年)
「脱国家」する国際協力?――対テロ戦争の時代における開発援助・・・藤重博美
    (藤岡美恵子・越田清和・中野憲志編『脱「国際協力」――開発と平和構築
を超えて』新評論 2011年9月)
琉球独立論が平和学に突きつける課題・・・池尾靖志
    (松島泰勝著『琉球独立への道――植民地主義に抗う琉球ナショナリズム』法律文化社2012年)

日本平和学会の研究会活動 日本平和学会事務局

SUMMARY   

編集後記 小林誠/大津留(北川)智恵子

日本平和学会設立趣意書

日本平和学会第20期役員

日本平和学会会則

spacer