-
spacer
  • YONDEMILL
  • お知らせ
  • 書籍のご購入・お問い合わせ
  • 早稲田大学出版部について
spacer

ホーム > 文学・芸術

文学・芸術

< 前の10件   2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12   

写真:私の一世紀〔新装版〕

G.グラス/林睦實・岩淵達治訳

A5判 606ページ / 本体 4,800円+税

新聞記者、兵士、主婦、老作家など様々な「私」がドイツの百年を語る。1900年から1999年の各年をショートストーリーで描く歴史の素顔。ノーベル賞作家の最新作

<本書より-1991年>
「・・・・・・これが未来だ。戦争が始まる前に、テレビの放映権が高値で売り飛ばされるんだ・・・・・・」
「そういう場合、制作だって前もってやっておけるんだ、次の戦争は必ずあるからな。別のところか、それともまた湾岸かな」
「バルカンのセルビアかクロアチア相手ってことは絶対ないな・・・・・・」
「きっと石油の出るところだ・・・・・・」
「また報道に死人は出てこないさ・・・・・・」
「そして本当に不安に襲われるのは子供たちだけさ・・・・・・」

>詳細をみる

spacer
spacer
spacer
写真:ドイツ表現主義と日本

酒井府

A5判 336ページ / 本体 6,500円+税

日本は、ドイツ表現主義をどのように受け入れたのか。大正時代の雑誌、新聞等の評論や翻訳を丹念に読み解き、日本の知識人の反応をつぶさにたどる。

>詳細をみる

spacer
spacer
spacer
写真:プルースト的エクリチュール

川中子弘

A5判 434ページ / 本体 6,500円+税

プルーストは表層の物語の下に何を描いたのか。「失われた時を求めて」の主人公の書法(エクりチュール)を綿密に分析して、錯綜する作品の構造・人間関係・文や語句等を読み解く。

>詳細をみる

spacer
spacer
spacer
写真:中国知識人の百年〔新装版〕

岸陽子

A5判 352ページ / 本体 3,800円+税

この百年にわたって歴史に翻弄され、時代と格闘し続ける中国知識人。魯迅・張承志・陳建功等の人と作品を通して、伝統と変革を生きる作家たちの思想と心情を浮彫りにする。

>詳細をみる

spacer
spacer
spacer
写真:ことばと文化のシェイクスピア

冬木ひろみ編

A5判 320ページ / 本体 4,200円+税

シェイクスピアの作品とその上演には、歴史の実態がどのように反映しているのか。シェイクスピアが生きた時代の世相の探求と、テクストの厳密な分析を通して、シェイクスピア劇の謎と魅力に迫る。

>詳細をみる

spacer
spacer
spacer
写真:マリヴォー戯曲選集

佐藤実枝編訳

A5判 528ページ / 本体 5,600円+税

生涯をかけて「自分らしさ」を追求したマリヴォー。翻訳六作品(恋の不意打ち/恋の不意打ち その二/遺贈/率直な人々/試練/本気の役者たち)に作家論・作品論・年表等を収録する。

>詳細をみる

spacer
spacer
spacer
写真:棺を蓋いて

陳建功/岸陽子・齊藤泰治訳

四六判 204ページ / 品切れ

炭鉱、市井の日常を舞台に、気まぐれな政治に翻弄される滑稽で物悲しい庶民の姿をとらえ、やがて来るかれらの人間としての回復を謳う。哀感に満ちたピュアな小説世界。

>詳細をみる

spacer
spacer
spacer
写真:都市の困惑

崔紅一/大村益夫訳

四六判 196ページ / 本体 2,330円+税

近代化の名のもとに、急速に変貌を遂げる町並みと、拝金主義が闊歩する世相を背景に、志と欲望のはざまで揺れ動く都会の男女の赤裸々な生態を鮮烈に描写する。

>詳細をみる

spacer
spacer
spacer
写真:琥珀色のかがり火

ウロルト/牧田英二訳

四六判 196ページ / 本体 2,330円+税

迫りくる都市化の波にあらがって森林深く獣を追い、凛とした森の霊気と交感する。逃げ場のない喪失の危機に瀕した狩猟民・少数民族エヴェンキの不思議な宇宙。

>詳細をみる

spacer
spacer
spacer
写真:初恋

池莉/田畑佐和子訳

四六判 240ページ / 本体 2,524円+税

下放政策によって都会から農村にくだった五人の若者の不意の出会いと別離を語る表題作と、新婚夫婦のてんやわんやの子育てを優しく見守る「太陽誕生」を収録する。

>詳細をみる

spacer
spacer
spacer

< 前の10件   2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12   

spacer